2012_07
30
(Mon)00:34

三日月大造衆議院議員、国政報告会(24.7.29)

標記の報告会が、29日(日)野洲にて開催されました。

             7.29全体
             地元 野洲市議会議員の皆様も駆けつけられました。

              林議員
 林参議院議員 世界の財務危機等の面からも消費税増税が必要になった経緯など話されました。

              徳永議員
 徳永参議院議員 先送りにしない政治、責任政党として一致団結し頑張っていく旨話されました。

              三日月議員
 三日月衆議院議員 試練と正念場の夏  論じて、決めて、進めるために奮闘します。

 三日月議員はマニフェスト項目のすべてが実現できていない段階で、マニフェストに明確に約束していない改革に踏み込んでいる点につき、これ以上将来世代にツケを回すことなく、安定化、拡充していくために、今、決することが必要であると判断したことなど話されました。

 会場からは、消費税関連、生活保護関連、原発問題など多岐に亘った質問が出されました


 三日月議員ならびに徳永議員は質問に対し真剣に耳を傾け、回答されていました。
2012_07
28
(Sat)18:26

徳永久志参議院議員との懇談会(24.7.28)

週末の土曜日、草津にて標記の懇談会を行いました。

          徳永先生

前半は徳永議員から国政報告として「社会保障と税の一体改革と民主党政権の成果」についてお話しいただきました。

日本の人口は2004年12月の1億2.784万人をピークに減少し、このままでいくと2050年には1億を切って、2100年には5000万人位になるのではないかと危惧されています。

人口減少社会と超少子高齢化社会の到来を踏まえ、社会経済情勢が大きく変化する中で、

「社会保障・税の一体改革」は、①社会保障の充実・安定化と②財政健全化、というわが国にとって待ったなしとなった二大目標を同時に実現するための改革であること。

消費税をはじめとする税制抜本改革で安定財源確保を行う必要があること。

消費税は今後、社会保障4経費(年金、医療、介護、子育て)に充てること。

               懇談会 スクール形式

また、低所得者対策のこと、社会保障制度改革国民会議のこと、等もお話し頂きました。

マニフェストにはなかった消費税増税については、世界の債務危機を予想できなかった事を率直に謝罪され、それでもなお、この経済危機を救うにはやむを得ない判断であったこと。

民主党の成果としては、「子ども手当}(現 児童手当)の内容は従来の児童手当とは異なるものであり、出生率も増えていること。

他にも「高校授業料無償化」「戸別所得補償制度」についても触れられました。

        懇談会 ロの字型JPG

後半の懇談会では、司法書士からの要望として

  ●除斥期間の設置など、懲戒制度のこと
  
  ●登録免許税制度から登記手数料制への移行

  ●登録免許税の控除・軽減措置期間の延長について

などお話しし、懲戒制度を踏まえた「司法書士会自治」ひいてはこれからの「司法書士」はどうあるべきなのか等の意見を交換することができました。

また「成年後見制度」について、介護の体制も含めた幅広い意見を交換する事ができました。

短い時間ではありましたが、徳永議員に司法書士の現状を知っていただき要望をお話しし、改めて司法書士制度そのものの在り方についても考え直す機会となりました。

政連滋賀では、これからもこういった懇談会を通じて議員の皆様との意見交換の場を作っていきたいと思います。
2012_07
24
(Tue)20:16

第3回幹部・総務合同会議を開催しました(24.7.23)

 24年度3回めになる標記の会議を開催しました。

        会議中

 前回の会議から約4ヶ月が過ぎ、その間の活動報告や法務局統廃合の推移状況等を検討しました。

 今週末に行う、徳永久志参議院議員との懇談会における要望事項のこと。
 
 同じく今週末に行われる三日月大造衆議院議員の国政報告への出席のこと。

 また、今年度後半における活動計画についても意見交換しました。