2011_07
24
(Sun)14:33

三日月大造議員、国政報告会(7.23南草津)

 夏空が少し戻った週末の土曜日、標記の報告会が、フェリェ南草津5階にて開催されました。

 5階会議室満杯の聴衆のなか、草津市長、草津市議会議員、県会議員、の皆様に引き続き、林久美子参議院議員が挨拶されました。

        林 参議院議員
              挨拶される 林参議院議員

 現在、文部科学大臣政務官の林議員、子ども・子育て新システムの取り組みについて
細野原発担当大臣の下、福島県はじめとした全国の放射線モニタリング強化のこと
現在50のモニタリングポストを250にまで増やしたい
セシウムの問題に関しても稲わらの流通経路を追って対応していること
日本全体が安心して暮らしていけるよう、政局ではなく施策を重視していきたい
 と力強く述べられました。

 そして三日月衆議院議員が登壇され、「新鮮で夢のもてる国にしたい、日本を元気にしたい」と抱負を述べられた後、現在の状況について、資料を配付しながらの具体的な説明に入られました。

        会場

●社会保障・税一体改革について
 2004年総人口1億2779万人をピークに人口減少に入った。
 2005~2007年は横ばい、2010年4月1日現在の人口は前年同月に比べ12万1千人減少。
 2055年には総人口が約9000万人、2.5人にひとりが65歳以上の超高齢化社会が続く。
 社会構造の変化に対応するための社会保障や年金、公平で安定な制度への確保が必要。
 そのための財源確保について慎重にかつ早急に取り組んでいくが、被災地・被災者の皆様に充分配慮しながら復興対策との両立を図りつつ取り組んでいきたい。

●親権停止制度を伴う民法の一部改正について
 児童虐待問題に対応するため、2年以内の親権の喪失制度の新設、複数の未成年後見制度の許容等を盛り込んだ「民法等の一部を改正する法律案」が、先般5月27日可決成立され、6月3日付け官報に掲載され公布された。
 公布の日から1年を超えない範囲内で施行されるが、実際の運用を見極めていきたい。
 
 その他、港湾法・森林法の改正ついて、一般会計予・特別会計の内訳についての説明、地域包括ケアシステム、障害者基本法の改正・・・などなど国政全般に亘って、丁寧に真剣に説明くださいました。

             mikadukki giinn
             正直で透明な政治をしたい、と力強く語られる三日月議員