2010_11
24
(Wed)23:40

民主党 講演会・懇談パーティ2010IN滋賀(22.11.23)

 勤労感謝の日、大津プリンスホテルにて標記の講演会と懇談パーティが開催されました。

 講演会は「日本の現状と課題」と表し、滋賀選出の民主党国会議員の皆様のリレートーク、岡田幹事長の総括的なお話しと続きました。

 最近よく耳にする TPP(環太平洋戦略的経済連携協定の略称)のこと、農家への個別補償問題のこと、こども手当のこと、事業仕分けのこと、COP10(生物多様性の保全を 目的とした世界会議)のこと、治水事業や公共事業のこと、等々幅広い分野のお話しからも、今かかえる日本の現状問題の複雑さがうかがい知れました。


               講演会 模様

 講演後は懇談パーティとなりました。

               パーティ 模様

               パーティ 
                左より 林議員    田島議員    岡田幹事長      

       





  
2010_11
24
(Wed)20:43

政連滋賀フォーラム(22.11.22)を開催しました

かねてからお伝えしておりました政連滋賀のフォーラム

 ~國松正一氏  栗東市長時代を振り返って

             栗東ウイングプラザにて~ を開催致しました。

当日は雨模様の天気でしたが、それにも係わらず多くの皆様にご参加いただきました。
本当にありがとうございました。


              フォーラム1

              國松氏

              フォーラム2

 まず「司法書士が市長を目指したわけ」についてお話しいただき、「市長8年間を振り返って」では、新幹線栗東新駅が中止になった経緯、中止後のご苦労や影響などのお話しに会場の皆様は真剣に聞き入っておられる様子でした。
 
 國松氏の在任中、何と言っても新駅中止問題が大変だったのではと思っていましたが、
「新駅中止のことがきっかけとなって、栗東市の財政に市民が目を向けてくれるようになった」と述べられ、市長として常に前向きに対応されていたことに感心致しました。

 また、栗東RD問題の事、住民運動についてもお話し頂きました。

 最後に「司法書士と政治活動」については
   ・司法書士制度を続けていくためには政治にも目を向けるべきで、制度の維持発展のために政治が必要である旨お話しくださいました。

 また、議員さんへの陳情・要望についても、すぐに効果が出ないかもしれないが毎年行くことが大事であること、議員さんを無関心にさせないこと、が大切であるとお話しくださいました。

 講演後の質疑応答でも「陳情・要望」について質問させていただきましたが、政連滋賀の今後の活動に勇気を与えていただきました。

 フォーラム後、栗東市長時代のご功績への敬意と今後益々のご活躍をお祈りし、花束を贈らせて頂きました。


              花束贈呈
              プレゼンターの芝田先生(左)と國松氏

 まだまだご多忙にもかかわらず講師を引き受けてくださいました國松先生、急なお願いにもかかわらず花束プレゼンターをお引き受けくださいました芝田先生、そしてご参加いただきました多くの皆様、本当にありがとうございました。             

        
           
2010_11
22
(Mon)01:51

民主党県民ネットワーク意見交換会(11月16日)

標記の意見交換会が、滋賀県庁本館2階第5委員会室にて午後1時より開催されました。

これは、滋賀県議会 民主党・県民ネットワークに所属されている17名の県会議員の方と懇談し、要望や質問を交換し、滋賀県内の各団体の要望を県議会に反映して頂くためにおこなわれるものです。

今年は9名の県会議員、5名の国会議員秘書、の皆様。

滋賀県司法書士会からは 村西 浩会長

滋賀県公共嘱託登記司法書士協会からは 田村欣二副理事長

成年後見センター・リーガルサポート滋賀支部からは 山田 武史支部長

政治連盟滋賀からは 蛭町 川崎副会長 田中幹事長  の6名が参加して参りました。


              意見交換会

 村西本会会長は「法務局の事務・権限の地方移管」問題等について要望され、これらの事務は国家が責任を持って一元的に行わなければならない事を強調されました。

 山田リーサボ支部長は、司法の世界に係わっている司法書士が成年後見制度を行っている意味を強調され、成年後見制度の人的課題・財政的課題に対するローカルでの支援をせつに要望されました。

 田村公嘱副理事長は、公共事業により買収された土地の未登記案件がかなり存在しており、少しでも解消に向けた努力を各官庁が行わないと民間の事業にも多大な影響が生じる旨を強調されました。

 県会議員の皆様からは、成年後見制度について市町村での具体的な対応などについての質問が出されました。

 これに対し、リーサボ・本会からは、大阪府や大阪市の「後見センター」のような、成年後見制度の核になるような施設を滋賀にも是非作って欲しい旨話されました。

 意見交換会は毎年30分という短い時間ではありますが、直接意見や要望を話せる貴重な場所であり、すぐに結果は出なくても継続することにより、今後の司法書士制度の発展につなげていきたいと思います。


              記念写真
                意見交換後、会場の第5委員会室前にて
2010_11
08
(Mon)17:19

もうすぐ國松氏のフォーラムです!

11月22日(月)に開催する、

  ~國松 正一氏 栗東市長時代を振り返って~ のフォーラムが近づいて参りました。


     國松氏ちらし


司法書士の世界から政治の世界へ飛び込まれた國松氏のお話は、きっと意義深い事と思います。

政連滋賀ではこのフォーラムのチラシを作り、皆様に配らせて頂きました。


       政連 案内 1
       「11月22日に開催しますから来てくださいね」と田中幹事長

       政連 案内2
          思わず にっこり、手応え ばっちり?

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
2010_11
05
(Fri)14:45

秋から冬へ~近司政連パンフ制作中~(22年11月)

長かった夏のあとは、短い秋。

そして季節はあっという間に、晩秋から初冬へと駆け足でやってきそうなこの頃となりました。

さて、このブログでもご紹介しておりました「近畿司法書士政治連盟協議会」(会長 福田見正氏 兵庫会)のパンフレットがもうすぐ完成致します。


           パンフ 表紙 小
               パンフは二つ折り  表紙と裏表紙

           パンフ 内容 小
              内容は 4項目で政連のことを紹介しています

パンフレットを通じて、政連の事を知って頂きそして必要性を感じていただければとの思いで作成致しました。

折を見て、皆様のお手元にお届けさせていただきます。

是非、ご覧いただきたくよろしくお願い致します。