タイトル画像

団体政調(民主党 県民ネットワーク)へ行ってきました

2009.11.10(14:30)

11月9日(月)午後1時~滋賀県庁 本館2階 第5委員室 にて、団体政調が行われました。

これは、滋賀県議会 民主党・県民ネットワークに所属されている16名の県会議員の方と懇談し、要望や質問を行おうというものです。

県議会議員の方と滋賀県内のいろんな団体が、懇談を通じて親交を深め、要望を県議会に反映して頂くために、毎年この時期に行われています。

今年は12名の県会議員、3名の国会議員秘書、の皆様。

滋賀県司法書士会からは 村西 浩会長

滋賀県公共嘱託登記司法書士協会からは 長谷川辰幸理事長

成年後見センター・リーガルサポート滋賀支部からは 山田 武史支部長

政治連盟滋賀からは 蛭町 川崎副会長 田村副会長 深田幹事長  の7名が参加致しました。

                   団体政調

村西本会会長は、相談事業のこと、ADRのこと、生活保護などに司法書士が深く関与していることなどを話され、県レベルでの協力を要望されました。

長谷川公嘱理事長は、公共事業により買収された土地の未登記案件がかなり存在していること、加えて案件処理に適切な予算を望むこと等を要望されました。

山田リーサボ支部長は、成年後見制度利用支援事業を県内すべての市町で実施できるよう、要項の整備と予算の確保等を切実に要望されました。
急速に進む高齢化のなかで、経済的な理由により後見人を付けたくても付けられないなどの現象を打破するためにも、早急な対応が必要であることを話されました。

この他、議員の方からは、相続登記 などの質問をうけました。


            記念写真

            団体1

                          県庁新館前にて  
政連 トラックバック(0) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

大阪政連主催 政治フォーラム報告

2009.11.02(19:14)

10月31日(日)午後1時~3時半まで

「政治情勢を語る 資格業を語る」と題した政治フォーラムが、大阪司法書士会館にて開催されました。


          黒河会長 大
                 大阪政連 黒河貴司会長によるご挨拶

 パネリストは、   民主党 中野 寛成議員 藤村 修議員
         
           自民党 谷川 秀善議員 

           大阪政連会長 黒河 貴司氏

コーディネーター   兵庫県会会長 島田 雄三氏


           会場 大
左より 島田兵庫県会会長 谷川議員(自) 中野議員(民) 藤村議員(民) 黒河大阪政連会長

現状の政治の課題、自民党と民主党それぞれにかかえる課題などを中心に話が広がっていきます。

郵政民営化見直しのこと、日本航空のこと、さらには、貧困問題や教師の免許更新制のことなど多方
面に亘りました。
  

会場からは、後期高齢者制度の見直しを含めた将来的なビジョンや外交安全について等幅広い内容の質問が為されました。

           
          会場 小     会場 小 2
         会場は満員の聴衆で大盛況、後ろの方のためにモニターも用意されました

最後に 資格業を語ると題して、司法書士界のビジョンについて、現実とビジョンを常にセットで考える必要のあることなどについての話で締めくくられました。 
政連 トラックバック(0) | コメント(-) | [EDIT]

2009年11月

  1. 団体政調(民主党 県民ネットワーク)へ行ってきました(11/10)
  2. 大阪政連主催 政治フォーラム報告(11/02)